SCIENCE

SCIENCE

皮膚の構造

皮膚はそれぞれ異なる3つの層で構成されています。

  1. 表皮
  2. 真皮
  3. 下皮 (または皮下組織)

最上層である表皮は、皮膚のごく一部を構成しているに過ぎません。 真皮にはコラーゲンとエラスチンが産生/貯蔵されています。 皮下組織には、脂肪細胞、結合組織、大きい神経や血管、そしてマクロファージという、免疫システムの一部であり、体を病原体から守る細胞が含まれています。

表皮の機能

表皮には主に3つの機能があります。

  • 環境、特に太陽光から身体を守る機能。
  • 身体からの大きな水分流出を防ぐ機能。
  • 病気の感染から身体を守る機能

過度な水分流出の防止と、適切な水分量の保持は皮膚を良好な状態に保つために不可欠です。皮膚の水分は、紫外線や湿度といった外的要因からの影響を強く受けます。水分は常に皮膚から失われます(経表皮水分喪失)。保湿によって、失われた水分の穴を保湿性のある皮膚軟化剤やオイルで埋め、水分喪失を防ぐバリアを形成するヒアルロン酸などの成分によって、皮膚に「栄養補給」することが重要です。

バイオアクティブとは?

自然からインスパイアされた科学

ご存知の通り、100%天然の有機成分は評判が高く人気です。植物や花は、効果の高い合成物を作り出すことができます。その中には健康上望ましいものも、そうでないものもあります。私たちは、ペプチド、アミノ酸、リポソームなどといった望ましい成分を抽出することで、より高いレベルで「自然」な生理活性成分を使用しております。 バイオアクティブとは、研究所が自然から望ましい合成物を抽出するプロセスを意味しています。

プレイタイム(待ち時間)とは?

重要なのは質感

素早く肌に浸透するクリームを作るのに必要なものは水ではなく、上質な成分のブレンドです。ドラッグストアで見かけるクリームの多くは肌に吸収されにくく、そういった商品が肌への浸透に「待ち時間」を要するのはこのためです。一般的に、表皮にすばやく浸透するようにクリームを調合するにはよく調合された製品が必要であり、だからこそ高級なフェイスクリームにはちゃんと高級感を感じられます。水をベースに作られた製品は、吸収されずに皮膚の上に残り、水分が蒸発してしまえば使用前以上に皮膚の乾燥感を残します。 市場で人気のある水をベースにした保湿剤は、限られた成分を肌に滲ませるかもしれません。しかし残念ながら、そういった製品は一日通して肌にうるおいをキープさせる成分をほとんど含んでいません。

ブランドネームの製品ではなく、ブランドネームの成分を

この製品にWOWクリームと名付けたのには理由があります。ブランドによる気まぐれなネームバリューではなく、成分の研究、テストおよびその結果でアピールしたかったのです。パッケージに成分を記載したのもそのためです。私たちはお客様に、WOWクリームの成分とそれを作る研究所についての情報を得られた上で、お買い上げいただきたいと考えております。スキンケア商品は魔法のような商品として市場に出回るのではなく、科学に基づいた研鑚の産物であるべきだと、私たちは強く考えております。

販売店舗 shoplist

WOWCREAM.jp

伊勢丹新宿店

六本木ミッドタウンISETAN SALONE

ISETAN SALONE MEN’S

阪急うめだ本店

阪急メンズ東京

銀座三越

名古屋栄三越